2018年 6月 22日 (金)

アギーレ監督への告発受理 2月以降本格捜査へ

印刷

   サッカー日本代表のハビエル・アギーレ監督へのスペイン検察の告発が2015年1月14日、バレンシア裁判所に受理された。現地メディアが報じた。

   告発の対象は八百長が疑われている試合に関わった選手、クラブ役員ら41人とスペインリーグのクラブ「レアル・サラゴサ」。事情聴取など本格的な捜査は、アジア杯が終わる2月以降に始まる見通しだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中