2018年 10月 18日 (木)

岡田氏のもと民主党はまとまれるのか 党内ではすでに不安視する声も...

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2015年1月18日、決戦投票までもつれた接戦を制し、岡田克也代表代行が民主党の新代表に選出された。

   会見で「幅広く意見を聞いて合意形成を進めていく」と党内一致に向けた姿勢をアピールしたが、岡田氏のもとで党内はまとまれるのだろうか。

得票数を見る限り、党内の支持は盤石とは言えず

岡田氏のもとで民主党はまとまれるのか
岡田氏のもとで民主党はまとまれるのか

   岡田氏の選出後、推薦人の1人は「今回の代表選はよく盛り上がったし、民主党の人材の豊富さを広くアピールできた」と自画自賛した。閣僚経験者からも「今日は祝杯だ」「前回の代表選よりは盛り上がったんじゃないか」と満足げな声がこぼれていた。

   しかし、得票数を見る限り、党内の支持は盤石とは言えない。地方議員や党員・サポーターも投票できる1回目の得票結果で、岡田氏(294ポイント)は細野豪志氏(298ポイント)に遅れを取った(長妻昭氏は168ポイント)。

   国会議員132人と参院選の予定候補者1人による決戦投票直前、岡田氏は「長妻さんの『格差を是正する』という訴えは説得力がある。勉強させてもらった」と持ち上げた。長妻陣営からの得票を狙った形だが、結局133ポイントにとどまり、120ポイントの細野氏に大きな差はつけられなかった。

   今後の党運営でカギとなりそうなのが、「原理主義者」と言われる岡田氏のもとで党がまとまれるかどうかだ。岡田氏は投票前の演説で「党は変わらなければならない」とした上で、「私自身も変わらなければならない。もっと耳を傾けなければならない」と語ると、会場からは大きな笑い声が起こった。予想しないリアクションだったのか、少しとまどったように「私自身はあまりそう思っていないのですが...」と続けていた。

細野氏と長妻氏の処遇は、明言を避ける

   党内に詳しい消息筋は、「決選投票で6人の棄権、無効票が出てしまった。長妻陣営の中には、岡田氏には絶対入れたくないという人もいるようだ」と語り、党内をまとめ切れるかを懸念する。

   ある若手議員は、「これまでも代表選のたびに『これからはノーサイド』と言ってきたが、結局まとまらなかった。党内をまとめようと本当に実行に移すのか、大事なのはこれから」と語った。

   岡田氏は当選後の会見で、細野氏と長妻氏の処遇について「まったく白紙。これから考える」と明言を避けた。また、政策面で党内にさまざまな意見があることは「党としての考えを整理する」「幅広く意見を聞いて合意形成を進めていく」と無難な表現に終始した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...