中東、紛争地のプロフェッショナルがなぜ? あの後藤健二さん、イスラム国に拘束情報に衝撃広がる

印刷

   2015年1月20日、イスラム国とみられる集団によって、湯川遥菜さんと後藤健二さんとみられる日本人2人が人質となった動画がネット上に公開され、日本中に衝撃が走った。日本政府は2人と断定しているわけではないが、公開された映像などからマスコミ各社は両氏と特定している。

   中でも、中東や紛争地の情勢に詳しいフリージャーナリストとしてテレビなどにも出演していた後藤さんが拘束されたことに驚きは大きい。

かつて湯川さんに「経験が足りない」と忠告していたことも

イスラム国が投稿したとみられる動画
イスラム国が投稿したとみられる動画

   後藤さんは1996年に映像通信会社「インデペンデント・プレス」を設立。同社ホームーページによると、紛争や難民、貧困問題などに焦点を当て、世界各地を取材していたという。こうした経験から中東情勢に詳しく、テレビや新聞など、メディアにたびたび登場してイスラム国について解説をしていた。

   湯川さんはすでに14年8月ごろ、シリアでイスラム国に拘束されたことがわかっているが、当時、後藤さんは日本のマスコミの取材を受けて、4月に現地で湯川さんに会っていたことを明かし、

「会った瞬間に、これは(紛争地の)プロフェッショナルではないなと分かりました。経験が足りないし、もっとやるべきこと、覚えることがあるんじゃないかと言ったんです」

と忠告を行ったとコメントしていた。

   また、10月には自身のツイッターでシリア入りを報告。イスラム国に取り囲まれている国境付近の町をレポートする動画を何度も投稿していた。

   いわば、中東のプロフェッショナルとしてメディアで活躍していただけに、今回の拘束にショックは大きい。「湯川さんを助けに行ったんだろうか」「捕まってISの手駒になることは見通せなかったのか」とツイッターには驚きが広がる。

安倍首相も緊急記者会見

   現段階で2人が拘束された経緯は分からない。イスラム国側は身代金2億ドルを72時間以内に支払わなければ殺害すると警告する動画をインターネット上に投稿しており、菅義偉官房長官は20日午後会見。「真偽について現在確認中です」とし、総理官邸に官邸対策室、外務省に緊急対策本部を設置し、情報収集を進めると発表した。また、安倍晋三首相は外遊中のイスラエルで会見し、「人命を盾に取って脅迫することは許しがたいテロ行為で、強い憤りを覚える。2人の日本人に危害を加えないよう、そして直ちに解放するよう強く要求します」と訴えた。同行する中山泰秀外務副大臣をヨルダンに派遣し、同政府との連携、情報収集に当てると発表した。

   ネットの一部では、動画に映る3人の影の様子などから不自然な点があると指摘する人もいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中