白鵬33回目の優勝決める 大鵬抜いて史上最多

印刷

   大相撲初場所13日目が2015年1月23日、両国国技館(東京・墨田区)で行われ、横綱白鵬が史上最多となる33回目の優勝を決めた。

   無敗の白鳳は2敗で追う大関稀勢の里を押し倒しで下し、同じく2敗の横綱日馬富士も敗れたため、2日残しての偉業達成となった。

   14年九州場所で並んでいた大鵬の優勝回数32回を抜き、単独トップとなった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中