2018年 10月 15日 (月)

アラサー倉科カナがセーラー服で中学生役 本人「怒ってます」にファン「いける」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   女優の倉科カナさん(27)がドラマで女子中学生役をやらされ、「怒ってます」などとブログに書いたことが話題になっている。アラサ―の自分がセーラー服を着るのは恥ずかしさの極みであり、シリアスなシーンなのに笑いがこみあげ、2度もNGを出したそうだ。

   ブログには写真3枚が掲載され、かなりノリノリの雰囲気なのだが、何というドラマに出演したのかについては一切触れていない。

「恥ずかしさの極み!しかも中学生役!コントじゃ無いですよ」

アラサ―に制服はキツかった...(画像はイメージ)
アラサ―に制服はキツかった...(画像はイメージ)

   倉科さんは2015年2月11日に「笑うしか、ないのかもしれない」というタイトルのブログを書いた。

   「怒ってます。若干。そりゃそうですよ、、、今年28歳のアラサーの私に!制服を着せるなど!!!恥ずかしさの極み!しかも中学生役!コントじゃ無いですよ」

   朝一から実際の中学生たちに混ざって撮影が行われ、シリアスなシーンなのに笑いがこみ上げてきて、2度ほどNGを出してしまった。監督や撮影スタッフも「大丈夫だよ」と声を掛けてくれ、大丈夫だと自分に言い聞かせて撮影に集中した。

   開き直ったのか、「こうなったら楽しみます!」とセーラー服姿の写真3枚をブログにアップした。確かにコスプレっぽい感じはするが、表情は明るくノリノリの雰囲気だ。

   ネットでは倉科さんのセーラー服姿に、

「ぜんぜんいける」
「かわいいは正義」

などと大反響になっている。

   倉科さんといえば今や超売れっ子で、2014年4月からはNHK「珈琲屋の人々」「ダークスーツ」、フジテレビ系「水球ヤンキース」「ファーストクラス」といったドラマに間を置くことなく出演。15年もテレビ朝日系スペシャルドラマ「最後の証人」や、現在放送中の「残念な夫」などに主役級で抜擢され、弁護士、デザイナー、教師、主婦と役も多彩なのだ。そして今度は「女子中学生」を演じることになるらしい。ただし、どのチャンネルの何というドラマで見ることができるのかについては一切触れていない。

出演はWOWOWドラマ「天使のナイフ」?

   幾人かの倉科さんの関係者に質問してみたが、「倉科本人が語っていないのなら」ということで教えてはくれなかった。明かさない理由は、はっきりとは分からない。ただ、倉科さんが出演し中学生を演じるとなれば、近々に放送されるドラマは1本に絞られる。それは2015年2月22日から放送が始まるWOWOWドラマ「天使のナイフ」だ。原作は2005年に第51回江戸川乱歩賞を受賞した少年犯罪がテーマの薬丸岳さんのデビュー作。ドラマは13歳の少年3人に妻を殺された男が主人公で、事件の真実を追い求め奔走する推理サスペンスだ。少年たちは13歳だったため罪に問われることはなかったが、4年後に1人が殺されると男が関与を疑われることになる、といったストーリーが展開する。

   倉科さんの役は殺された妻の友人で保育園の保育士。中学生の時にある事件に巻き込まれた経験があり、それがドラマ全体のストーリーに大きな影響を及ぼす。この「天使のナイフ」で倉科さんのセーラー服姿が拝めることになるのは間違いないようだが、倉科さんが書いてあるように「コント」ではなく、かなり重いシーンらしい。また、ドラマの重要な鍵を握るため、セーラー服姿は初回には出てこない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...