韓国留学中の日本人学生、貯水池で遺体発見

印刷

   韓国の聯合ニュースによると、留学先の韓国中部・忠清南道(チュンチョンナムド)瑞山(ソサン)市で行方不明になっていた日本人留学生の男性(21)が2015年2月15日16時頃、留学先の大学の近くにある貯水池で、遺体で見つかった。男性は1月3日に大学の寮を出たのを最後に行方が分からなくなっており、地元警察が連日捜索を続けてきた。遺体に外傷はなく、警察は解剖して死因を詳しく調べる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中