2018年 10月 16日 (火)

酒類大手4社の売上高、サントリーが初の首位

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   酒類大手4社の2014年12月期連結決算が15年2月16日に出そろった。サントリーホールディングス(HD)は米ビーム社(現ビームサントリー)買収効果もあって、売上高が前期比20.3%増の2兆4552億円と過去最高を記録。10年連続の増収で、キリンホールディングス(HD)を抜いて初めて首位になった。2位に転落したキリンHDの売上高は2.6%減の2兆1957億円だった。

   サントリーHDは、米ビーム社の買収で、海外事業の売上高を前年比73%増の8875億円に拡大。高級ビール「ザ・プレミアム・モルツ」や第3のビール「金麦」の販売を伸ばしたほか、清涼飲料事業も好調だった。

   アサヒグループホールディングス(HD)は、高級ビール「ドライプレミアム」が好調。傘下のニッカウヰスキーの創業者をモデルにしたNHK朝の連続ドラマ「マッサン」効果でウイスキーの販売も伸び、営業利益は4年連続で過去最高を更新した。

   一方、売上高が2位に転落したキリンHDは、ビール類の販売が苦戦したことが響き、4社の中で唯一減収減益となった。サッポロホールディングス(HD)も「極ZERO(ゴクゼロ)」の酒税の追加納付が響き減益となり、4社の間で明暗が分かれた。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...