女児誘拐未遂の疑い 群馬県警24歳巡査を逮捕

印刷

   小学4年生の女児(10)を連れ去ろうとしたとして、群馬県警は2015年2月18日、渋川署地域課巡査で吉岡町交番勤務の秋山暢大容疑者(24)を未成年者誘拐未遂容疑で逮捕した。

   報道によると、秋山容疑者は1月15日、吉岡町内にある女児の自宅前で「パパが交通事故に遭って病院に運ばれた。すぐに来てくれないか」とうそを言って連れ去ろうとした疑いが持たれている。女児は拒否し、未遂に終わった。秋山容疑者は「かわいかったので仲良くなりたかった」と供述し、容疑を認めているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中