2019年 8月 26日 (月)

手元にスマホがあったからつい悪口を... 今後は中高年にもこんな「脊髄反射行為」が増える

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   パソコンやスマートフォンを使って、悪意のある投稿をしたことがある人は4人に1人に上る。独立行政法人・情報処理推進機構の調査で分かった。

   特にスマホを使って投稿する人の割合が増え、専門家は「手元にスマホがあったから、という感覚で脊髄反射的になっている」とし、若い世代に限らず、中高年も含めて今後さらに増える可能性を指摘している。

投稿後は「気が済んだ、すっとした」(31.9%)「面白かった」(18.3%)

スマホで悪意ある投稿が増えている
スマホで悪意ある投稿が増えている

   アンケートは13歳以上のパソコン、スマホやタブレット端末を持っている人を対象に、2014年9月から10月にかけて行った。「他人や企業の悪口」「他人の発言を非難」「下品な言葉を含む」など、悪意のある投稿を行ったことがあるか質問したところ、パソコンで22.2%、スマホやタブレットで26.9%の利用者が投稿した経験があると回答した。

   前年調査に比べて、投稿経験者がパソコンでは4.2ポイント減少したのに対し、スマホでは3.4ポイント増加したのが特徴的だ。

   スマホでの投稿経験者に、投稿した理由を聞くと「人の意見に反論したかった」「人の投稿やコメントを見て不快になった」「人の意見を非難・批評するため」「いらいらしたから」など、突発的な要因が上位に並ぶ。

   また、投稿後の心理については「気が済んだ、すっとした」(31.9%)「面白かった」(18.3%)などが多く、「やらなければよかったと後悔した」(13.6%)「問題になるか心配になった」(11.1%)など反省する回答よりも目立つ。中には「何も感じない」(27.6%)という人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中