「超巨大ブラックホールを発見」 国際研究チームが論文発表

印刷

   太陽の120億倍の質量を持つ超巨大ブラックホールが発見された。中国や米国、オーストラリアなどの国際研究チームによる論文が2015年2月25日、英科学誌ネイチャーに掲載された。

   このブラックホールは、宇宙の初期に形成されたといい、これまでの定説が見直される可能性があるという。研究者からは(1)ブラックホールを生み出すブラックホールがあった(2)2つのブラックホールが衝突して誕生した、といった見方も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中