富士フィルム「世界一の再生医療企業目指す」米iPSベンチャー買収

印刷

   富士フィルムホールディングスは2015年3月30日、iPS細胞(人口多能性幹細胞)を製造する米セルラー・ダイナミクス・インターナショナルを3億700万ドル(約370億円)で買収すると発表した。セルラー社は04年設立、13年にナスダックに上場したバイオベンチャー。

   都内で記者会見した古森重隆社長は、セルラー社を「安定した高い品質のiPS細胞を生産できる」と評価。「世界一の再生医療企業を目指す」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中