2018年 11月 17日 (土)

雪国まいたけのTOB成立 上場廃止へ

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   東京証券取引所市場第2部に上場しているキノコ生産販売大手の雪国まいたけは、米投資ファンドのベインキャピタルが実施していた株式の公開買い付け(TOB)が成立したと、2015年4月7日に発表した。ベインキャピタルは雪国まいたけの発行済み株式総数の78.33%を取得。TOB成立条件は51.44%以上としていた。

   今後は、雪国まいたけの発行済み株式のすべてを取得することを予定しており、同社を完全子会社化する。雪国まいたけは上場廃止となる予定。

   雪国まいたけは、1983年に大平喜信氏が設立。マイタケの量産化に成功して売り上げを伸ばしたが、その後、業績が悪化。2013年には不適切な会計処理が発覚した。それにより創業者の大平氏が辞任したものの、創業家と新経営陣が経営方針をめぐり対立していた。TOBで創業家の影響力を一掃し、経営の安定化を目指す。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中