安倍首相「私はアンチ巨人でした」元エース堀内氏に答弁

印刷

   安倍晋三首相は2015年4月8日の参院予算委員会で、元巨人投手で自民党の堀内恒夫参院議員を相手に、「私はアンチ巨人でした」と述べて笑いを取った。堀内氏の東京五輪に関する質問に対して答弁した。

   「堀内さんに応援しているチームが痛い目にあい、憎らしいピッチャーだなと思いながら、この人はすごいなあと思った」と持ち上げた。首相は当時、東京ヤクルトスワローズの前身「サンケイアトムズ」のファンだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中