2020年 1月 27日 (月)

民主党、大阪で壊滅状態 府議は当選一人だけ、市議全滅、堺も不振

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   2015年4月12日に投開票された第18回統一地方選挙の前半戦では、都道府県選で自民党が総定数の過半数に達して圧勝し、橋下徹大阪市長が率いる大阪維新の会は大阪府議選と大阪市議選で最大勢力を維持。かろうじて「踏みとどまった」形だ。

   対照的なのが野党第1党の民主党で、改選前議席を大幅に減らすことになった。特に大阪は壊滅状態に近い。それでも枝野幸男幹事長は「党の再生に向けた一歩を踏み出せたのではないか」などと話すが、その理屈はいかにも苦しい。

  • 岡田克也代表率いる民主党は統一地方選(前半戦)でも劣勢に立たされている
    岡田克也代表率いる民主党は統一地方選(前半戦)でも劣勢に立たされている

北海道、大分で負けても「本部としてコミットした所」は全勝

   枝野氏が4月12日夜、統一地方選前半戦の結果が「再生に向けた一歩」になった根拠のひとつとして報道陣に対して語ったのが、「首長選挙については、本部としてコミットした所については全部勝たせていただいた」ことだ。

   確かに札幌市長選では民主などが推薦した元副市長の秋元克広氏(59)が勝利し、10道県で行われた知事選では6県で自民、民主が現職に相乗り。いずれも現職が「完勝」した。だが、逆に自民と民主が事実上の一騎打ちとなった北海道と大分では、いずれも与党が勝利。一見、民主党が「全部勝たせていただいた」のは誤りのように聞こえる。敗れた北海道と大分について、枝野氏は、

「推薦申請が上がってきていないので、(党)本部としては対応のしようがないし、コメントのしようがない」

と突き放した。北海道と大分で敗北した候補は地元組織が実質支援していたにすぎず、党として推薦していたわけではないため「黒星」としてカウントしないという理屈のようだが、いかにも苦しい。

   枝野氏の主張を踏まえても民主の劣勢は明らかで、都府議選では改選前の346議席から82議席も少ない264議席の獲得にとどまった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中