2021年 9月 27日 (月)

九州大学の講義で「AVの静止画像」上映 ツイッターで暴露される騒ぎに

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   九州大学大学院農学研究科の男性教授が2015年4月15日の授業中にわいせつな画像を誤ってスクリーンに映していたと、共同通信などが報じた。

   この日には、教員が講義中にエロ画像を映し出したとして、九州大学の学生を名乗るツイッターユーザーが「証拠写真」を投稿しており、報道はこの騒ぎを取り上げたものとみられている。

  • 100人の学生が受講していた(画像はイメージ)
    100人の学生が受講していた(画像はイメージ)
  • 100人の学生が受講していた(画像はイメージ)

「九大でAV流した教授がいるとか笑」

   報道によると、教授は農学部生100人が受講する授業で教材ビデオを見せようとした。パソコンの映像を大型モニターに映した直後、保存されていた履歴が表示。約30秒にわたり、アダルトビデオの静止画像3枚が映し出された。その後、授業は続けられたという。

   ツイッターに投稿された写真では、講義室らしき部屋のスクリーンにほぼ全裸でベッドにうつ伏せとなる男性、そばに立つ白衣の女性が映し出されている。どうやらパソコンの画面を投映させたものらしい。写真は、女性が男性に対し、マッサージを施している様子にも見える。ただ、写真を投稿したユーザーは現在ツイートを非公開にしている。どのような状況で写真を撮影したのか、今となっては不明だ。

   写真を含むツイートは15日時点で2ちゃんねるに転載され、その後各種まとめブログにも取り上げられて徐々に拡散された。ツイッター上では「九州大学最低だな」「九大でAV流した教授がいるとか笑 終わったな笑」という批判も上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中