町村衆院議長が辞表提出 脳梗塞の診断受ける

印刷

   体調不良で入院していた町村信孝衆院議長(70)=北海道5区=は2015年4月20日、川端達夫副議長に辞職願を提出した。町村氏は辞表提出後に会見し、脳梗塞と診断されたことを明かした。

   4月21日の衆院本会議で町村氏の辞職が許可される見通しで、後任は大島理森予算委員長(68)で調整している。町村氏は14年12月24日の特別国会で第75代衆院議長に選出されたばかりで、約4か月という短い在任期間だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中