2018年 9月 20日 (木)

ネパールでM7.8の地震 日本政府が援助隊の現地派遣決定

印刷

   ネパール中部で2015年4月25日、マグニチュード(M)7.8の地震があり、ネパールからインド、バングラデシュ、中国にかけての広い範囲で揺れが観測された。

   震源は首都カトマンズの北西80キロ付近とみられる。多くの住宅や建造物が倒壊したカトマンズでは、軍による救出活動が続いている。報道によると、現時点で日本人の被害情報はないものの、通信状況の悪化等で、確認が難航しているという。インドなど近隣国も合わせると、犠牲者はこれまでに1800人以上にのぼる。エベレスト周辺では地震による雪崩でこれまでに18人が死亡したという。

   アメリカや中国など世界各国が支援に動き出している。日本政府も26日、警察・消防、外務省職員やJICA(国際協力機構)隊員らでなる国際緊急援助隊70人のネパール派遣を発表した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中