澤穂希、なでしこ代表に復活 6大会連続W杯へ

印刷

   日本サッカー協会は2015年5月1日、女子W杯カナダ大会の代表メンバー23人を発表した。14年5月から代表を外れていたINAC神戸の澤穂希選手(36)が選出され、男女通じて初の6大会連続W杯メンバー入りとなった。

   そのほか前回大会に続いて、大儀見優季(27、ヴォルフスブルク)や川澄奈穂美(29、INAC神戸)、宮間あや(30、岡山湯郷Belle)各選手らが順当に選ばれた。

   カナダ大会は6月に開幕。なでしこジャパンには連覇がかかる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中