経常黒字の増加、4年ぶり 旅行収支は55年ぶりの黒字に

印刷

   財務省が2015年5月13日に発表した2014年度の国際収支状況(速報)によると、海外とのモノやサービス、配当金などの取引状況などを示す経常収支は7兆8100億円の黒字となった。黒字幅は前年度より6兆3385億円、5.3倍も増えて4年ぶりに増加した。

   貿易・サービス収支は9兆3810億円の赤字で、赤字幅は13年度より5兆825億円縮小した。貿易収支は6兆5708億円の赤字で、赤字幅は4兆4479億円の縮小。輸出額は5兆8622億円(8.4%)増えて75兆6132億円となり、2年連続で増加した。輸入額は1兆4142億円(1.8%)増の82兆1839億円と、5年連続で増加した。海外景気の緩やかな回復などを背景に輸出額が持ち直してきていることなどから、赤字幅が縮小した。

   サービス収支は2兆8102億円の赤字で、赤字幅は6346億円縮小した。訪日外国人旅行者数が過去最高を更新したことから外国人が国内で使うお金が増え、旅行収支は2099億円の黒字となった。じつに1959年度以来、55年ぶりの黒字だ。

   なお、3月単月の経常収支は2兆7953億円の黒字となった。経常黒字は9か月連続。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中