2020年 2月 24日 (月)

朝日新聞の動画紹介新サイトに難問 テレビ転載の違法動画を「オススメ」はまずいのでは

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   朝日新聞社が運営する動画紹介サイト「eeny(イーニー)」が2015年5月11日、オープンした。ユーチューブやニコニコ動画など大手動画サイトと連携し、「今、一番盛り上がっている動画・生放送」を紹介するキュレーションサービスだとうたっている。

   サイトではミュージシャンの公式ビデオやユーチューバーの投稿など、さまざまな動画を取り上げているが、中には一般視聴者が録画、投稿したテレビ番組もあった。いわば違法な動画で、著作権管理上、問題を残している。

  • トップページでさまざまな動画が紹介される
    トップページでさまざまな動画が紹介される

ワイドショー転載動画がトップページに

   サイト名の「eeny」は英語の数え歌「eeny meeny miny moe(どれにしようかな)」から取ったもの。ディー・エヌ・エー(SHOWROOM)、ニワンゴ(ニコニコ動画、生放送)、Ustream Asia(Ustream)、YouTube(ユーチューブ)の4社から配信を受ける。独自のアルゴリズムを用いて、「今、一番盛り上がっている動画・生放送」を横断的に紹介するのが特長だ。

   トップページには、その瞬間に多くの人が見ている人気動画、ネット上の注目キーワードに関連する動画などがずらりと表示される。レコード会社によるミュージシャンの公式プロモーションビデオや、HIKAKINさんら人気ユーチューバーの投稿動画、官公庁の公式チャンネルが配信する会見映像など、種類はさまざまだ。

   アカウントを作れば、ユーザーの行動や属性から好みにあった動画をおすすめしてもらうこともできる。

   ただ、動画の管理には課題がありそうだ。J-CASTニュース記者がサイトを開いた際、トップページに一般視聴者が録画、投稿したと思われる、テレビのワイドショー番組の投稿が表示された。またサイト内でバラエティー番組のタイトルを検索すると、こちらも視聴者からの投稿動画が複数ヒットした。いずれもテレビ局の公式チャンネルが投稿した動画とは別のもので、著作権を侵害する違法投稿に当たる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中