2018年 7月 23日 (月)

作詞家・ちあき哲也さん死去 「飛んでイスタンブール」「仮面舞踏会」など

印刷

   作詞家のちあき哲也(本名・小林千明=こばやし・ちあき)さんが2015年5月10日午前、都内の病院で死去した。66歳だった。葬儀は近親者ですませた。

   神奈川県出身で1972年、「黄色い麦わら帽子」(松崎しげる)で作詞家デビューを果たす。作曲家・筒美京平さんとのタッグで生まれた「飛んでイスタンブール」(庄野真代)は空前のヒット作となった。

   その後も、「仮面舞踏会」(少年隊)などを手がけ、2007年には「吾亦紅(われもこう)」(すぎもとまさと)で日本レコード大賞作詞賞を受賞した。

   各種報道によると、ちあきさんは4年ほど前から胆管がんのため入退院を繰り返していたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中