2018年 11月 16日 (金)

「02年W杯の韓国寄り審判に疑惑あり」 イタリア紙報道に「徹底的な調査を」の声

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2002年の日韓共催サッカーW杯では、韓国寄りの審判ぶりが物議を醸した。FIFAの汚職事件を受けて、イタリアの大手スポーツ紙が、このときも不正があった可能性があると報じて、日本でも関心を集めている。

   韓国寄り審判の疑惑を指摘したのは、コリエレ・デロ・スポルト紙の2015年5月29日付記事だ。

  • 韓国の試合で不正疑惑が(写真はイメージ)
    韓国の試合で不正疑惑が(写真はイメージ)

不可解なイエローカードに韓国のラフプレー...

   記事では、エクアドル人の主審にイタリアの代表選手らが抗議する写真を付け、02年6月18日のイタリア対韓国戦で主審らの判定に不正があった可能性を報じている。決勝トーナメントの1回戦で、韓国は1対2で逆転勝利し、準々決勝に進んでいたが、このときについても、国際サッカー連盟(FIFA)を巡る買収疑惑が出てくるだろうと見通しを述べている。

   当時の新聞報道を見ると、試合では、1-1の同点で延長戦となったが、司令塔のFWトッティ選手が延長前半、ゴール前で故意に倒れたと2回目のイエローカードを切られて退場になった。これが、トッティ選手は韓国選手とぶつかって倒れたとも指摘されて、波紋を呼んだ。また、イタリアが決めた得点についても、オフサイドで無効になってしまっていた。

   さらに、韓国選手が何度もラフプレーをしていたのに、ファウルが取られなかったことも問題視された。

   試合後に、イタリアの選手らは、不満を爆発させた。トッティ選手は「主審はPKを宣告するつもりで近づいてきたと思ったが、私の顔を見てイエローを出した。ひどいやつだ」と怒り、FWデルピエロ選手も「最初から負けさせるつもりなら、我々を呼ぶ必要はなかった」と吐き捨てた。だれも韓国選手とユニホーム交換をしなかったという。トラパットーニ監督も「運がなかった」と嘆いた。

   イタリア国内でも、大騒ぎになり、ローマの広場では人々が「審判に死を!」と叫んだ。チャンピ大統領も「イタリアが勝つべきだった」と言い出したほどだ。コリエレ・デロ・スポルト紙もこのとき、「泥棒」の大見出しで、主審がイタリアから勝利を奪ったと激しく非難している。

「あれで不正が無かったらびっくりする」

   報道によると、試合直後に、イタリアからFIFAに40万通もの抗議メールが殺到したという。イタリア戦の主審はその後、理由を示されることなく、FIFAの国際審判リストから除名されている。

   韓国寄り審判については、韓国が0-0のままPK戦で勝った準々決勝のスペイン戦でも、騒ぎになった。

   エジプト人の主審だったが、後半3分には、スペイン選手がゴールを決めたがファウルの判定で取り消され、延長前半2分のゴールも、ドリブルがラインを割ったと判定された。当時の報道ではどこも、ビデオを見るとラインを割っていなかったと指摘していた。MFエルゲラ選手は「勝てなかった理由は明白だ」と不満をぶつけ、カマチョ監督は「こんな判定は、スペインでは絶対通用しない」と憤った。

   批判を受けて、FIFAのブラッター会長は、「明らかに得点というケースが2度あった」と認め、準決勝のドイツ対韓国戦では、すべてヨーロッパ人の審判にした。この試合では、韓国は1対0で負けている。ただ、ブラッター会長は、「韓国に肩入れしたとする根拠のない意見を全面的に否定する」という声明を発表していた。

   イタリアとスペイン戦で誤審とされた4件は後に、FIFA のライセンスを受けた会社が制作したDVD「FIFA FEVER」において、「世紀の10大誤審」に選出されてもいる。

   コリエレ・デロ・スポルト紙の記事は、日本の一部メディアでも紹介され、ネット上では、「むしろあれで不正が無かったらびっくりする」「共催になったこともおかしい」「徹底的に調べて欲しい」といった声が挙がっていた。日韓共催W杯のときは、副会長が韓国人だっただけに、今後事情を聴かれる可能性もありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中