2018年 9月 24日 (月)

1~3月期のGDP改定値、年率3.9% 大幅に上方修正

印刷

   内閣府が2015年6月8日に発表した1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の改定値は物価連動を除いた実質ベースで前期比1.0%増となり、このペースが1年間続くと仮定した年率換算で3.9%増となった。5月に発表された速報値の年率2.4%増から1.5ポイントと大幅に上方修正された。プラス成長は2四半期連続。

   企業の設備投資が2.7%増と、速報値の0.4%増から大幅に上昇したことが寄与。設備投資の伸びについて、内閣府は「景気はいい流れにある」としている。

   また、個人消費は0.4%増と横ばい。公共投資は1.4%減から1.5%減に下方修正された。

   この結果、2015年度の実質GDPは前年度比0.9%減となり、速報値の1.0%減からわずかに上方修正された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中