サッカー代表なでしこ全勝でGL突破 男子は2次予選初戦でシンガポールにまさかの引き分け

印刷

   サッカー女子ワールド杯カナダ大会で、日本代表は2015年6月17日(日本時間)にエクアドルを1‐0で下し、グループリーグを1位で突破した。

   前半5分、FW大儀見優季選手の今大会初ゴールで先制。追加点はなかったが、グループリーグを3戦3勝とし、決勝トーナメントに駒を進めた。

   男子代表は16日、ロシアW杯アジア2次予選の初戦となるシンガポール戦を埼玉スタジアムで行った。シュート20本以上の猛攻を見せたが0‐0のスコアレスドローに終わった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中