2018年 10月 16日 (火)

「日本が嫌い」字幕でフジテレビ「お詫び」 2か所も誤るのは単なる編集上のミスなのか

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   韓国の反日ぶりなどを取り上げたフジテレビの番組で、街頭インタビューの発言と字幕などが違い、フジ側が「編集上のミスだった」として謝罪した。しかし、ネット上ではなお、「フジに対する不信の声が相次いでいる。

   字幕などが発言と違う問題が指摘されたのは、2015年6月5日放送の「池上彰緊急スペシャル!」だ。この番組は、「知っているようで知らない韓国のナゾ」をテーマにジャーナリストの池上彰さんが反日などに切り込み、ネット上でも話題になった。

  • 「ミスだった」と謝罪したが…
    「ミスだった」と謝罪したが…

韓国語では、「文化がたくさんあります」と発言

   それがここに来て再びクローズアップされたのは、ユーチューブに番組の動画がアップされているためらしい。

   問題については、6月26日ごろからツイッターなどで指摘されるようになった。番組では、ソウルで街頭インタビューを行い、日本についてどう思うかを聞いた。すると、多くの韓国人が日本は嫌いだと答えたといい、その中で4人の反応を紹介した。

   うち女子高生は、「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と発言したと、吹き替えと字幕で示した。ところが、韓国語が分かる人からは、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」と聞こえるとの指摘があった。本当だとすると、むしろ日本をほめているようなニュアンスだ。

   ネット上ではさらに、インタビューしたほかの韓国人も発言と字幕などが違うとの声が出た。ただ、吹き替えの声がかぶせられているだけに、よく聞き取れないとのことだった。

   署名サイト「change.org」では、「もうこれ以上捏造はやめてください!」との呼びかけが行われた。そこでは、「嫌韓の雰囲気を煽る」ものだとして、フジテレビは捏造を認めて謝罪すべきだとして賛同を募っている。29日夕現在で2000人以上の署名が集まっていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...