2021年 8月 2日 (月)

大手マスコミが報じなかった「百田発言」 地上波テレビ局の「電波利権」批判

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   マスコミからバッシングを受けた百田尚樹氏の発言の中で、大手マスコミが事実上「無視」した部分がある。それは総務省から免許を受けて放送事業を行っている、地上波テレビの「既得権」への批判だ。

    評論家らは「これこそ組織的な言論統制だ」と指摘している。

  • NHKや民放各局の「既得権」を指摘した百田氏の発言は大きく報じられなかった
    NHKや民放各局の「既得権」を指摘した百田氏の発言は大きく報じられなかった
  • NHKや民放各局の「既得権」を指摘した百田氏の発言は大きく報じられなかった

「地上波の既得権をなくしてもらいたい」

   「沖縄2紙をつぶさないとあかん」と発言し、物議をかもした2015年6月25日の勉強会で、百田氏は地上波放送するテレビ局についても言及していた。自民党の大西英男議員が「マスコミを懲らしめるには広告収入がなくなるのが一番」と言ったことに対し、

「新聞よりもテレビ。地上波の既得権をなくしてもらいたい。自由競争なしに50、60年も続いている」

などと発言したと東京新聞や朝日新聞が報じている。

   ただ、NHKや民放各局はもちろん報じず、新聞各紙も無視するか、大きくは取り上げなかった。「新聞よりもテレビ」と百田氏の批判の矛先が明確であるにもかかわらずだ。

   こうした点を経済評論家の池田信夫氏は6月28日のブログで「これこそ組織的な言論統制」と批判した。

   そもそもテレビ局の放送事業は、総務省から周波数を割り当てられ、免許を受けて行われている。これを「UHF帯だけで30チャンネル以上とれる周波数で実質的に7局の寡占体制が続いている」と指摘。百田氏の発言を黙殺したテレビ局について、

「しょせんテレビ局なんて、役所の守ってくれる利権にぶら下がって商売している規制産業だ。こういうときだけ『言論の自由』を振り回して、正義の味方を気取るのはやめてほしい」

と切って捨てた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中