なでしこ、米に敗れ連覇ならず 立ち上がりに4失点

印刷

   サッカーの女子ワールドカップ(W杯)カナダ大会の決勝戦が2015年7月5日16時(日本時間7月6日8時)から行われ、日本女子代表(なでしこジャパン)は米国に2-5で敗れた。前回の11年ドイツ大会以来の連覇はならなかった。

   日本は序盤の前半3分、5分、14分、16分に続けざまに得点を許した。日本は27分に1点を返し、後半は1-4で始まった。7分に米国のジョンストン選手のオウンゴールで日本は1点を返したが、直後の9分にヒースがゴールを決め、2-5と再び3点差に。そのまま米国の逃げ切りを許す形になった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中