ノーベル物理学賞、南部陽一郎さんが死去

印刷

   2008年にノーベル物理学賞を受賞した米シカゴ大名誉教授の南部陽一郎さんが2015年7月5日、急性心筋梗塞のため亡くなった。94歳だった。葬儀、告別式は近親者で行われた。

   「対称性の自発的破れ」と呼ばれる理論を提唱し、素粒子に質量がある仕組みについて研究の功績がある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中