東京駅地下に50メートルのトンネル NHK「ブラタモリ」で偶然発見

印刷

   JR東京駅の地下に、長さ約50メートルの大きなトンネルが残されていた。NHKの番組「ブラタモリ」の取材中に偶然発見された。

   2015年7月19日付けNHKの記事によると、場所は東京駅北側にある国道1号線の真下あたり。幅6メートル、高さ約5メートルの穴が2本、約50メートルにわたって掘られているという。

   1965年ごろ計画されていた地下自動車道路の一部とみられるが、今まで一度も使われず、資料も残っていないという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中