2018年 8月 17日 (金)

東芝の不適切会計、第三者委が報告書「経営トップら組織的な関与」

印刷

   東芝が決算の営業利益を水増ししていた問題で、調査にあたった第三者委員会は「いくつかの案件では、経営トップらが見かけ上の利益かさ上げを目的にしていた」と組織ぐるみの不正を指摘した。2015年7月20日、委員会が報告書の概要を公表。報告書では、09年3月期から14年4~12月期で、あわせて1518億円の税引き前利益を水増ししていたとしている。

   報告書によると、利益水増しなどが「経営判断として行われたというべきだ」と指摘し、東芝の企業としての責任を厳しく指摘した。問題に関わった部長級以上の職員については「懲戒手続きを含む人事上の措置が望ましい」とした。

   水増しした利益の内訳は、インフラなどの「工事進行基準」に伴うものが477億円、パソコンやテレビなどの部品取引に関するものが592億円、半導体の在庫にかかる水増しが360億円、取引先などに請求書の発行を遅らせてもらい、経費の計上時期をずらす手法が88億円、あった。

   第三者委員会は、社長だった当時の西田厚聡氏や佐々木則夫氏らが各事業部門に対して、売上高や利益などの目標で「厳しいチャレンジ」を課し、強いプレッシャーをかけたと指弾。そのうえで、「上司の意向に逆らうことができない企業風土が存在した」と指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中