北朝鮮、北西部に長距離ミサイル発射台完成か

印刷

   韓国の聯合ニュースは2015年7月22日、韓国政府筋の話として、北朝鮮が新たな大型長距離ミサイル用の発射台を完成させたもようだと報じた。発射台は北西部の東倉里にある「西海衛星発射場」にあり、50メートルだった高さを67メートルに大型化させた。北朝鮮は12年に事実上の弾道ミサイル「銀河3号」(全長30メートル)を打ち上げており、朝鮮労働党創建70周年を迎える15年10月10日前後には、銀河3号の2倍程度の大きさのミサイルを発射する可能性も指摘されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中