2018年 5月 25日 (金)

三重県志摩市の海女「萌えキャラ」は女性蔑視 「サミット」開催時に海外首脳に見せられない??

印刷

   三重県志摩市には「碧志摩(青島)メグ」という海女をモチーフにした市公認の萌えキャラクターがいる。2016年5月26日から5月27日にかけて行われる第42回先進国首脳会議「伊勢志摩サミット」の盛り上げにも一役買っているのだが、この「碧志摩メグ」を市の公認から外そうという署名運動が起こっている。

   地元の女性らが発起人になっていて、キャラの裾がはだけ足を露出していてイヤらしく、これは女性蔑視であり、海女の文化やイメージを損なうものである、という理由を挙げている。ましてや海外の首脳の目に触れさせるなどもってのほかだ、というのだ。

  • 「碧志摩メグ」のデザインに賛否
    「碧志摩メグ」のデザインに賛否

15年6月末から公認から外すための署名活動が始まる

   14年10月30日に記者会見でイラストを公表、市の公認になった事を発表し、同時に名前を公募した。2000の応募があり、「碧志摩メグ」に決定した。身長158センチ、体重46キロの17歳。サラリーマンの家庭に生まれ育ったが、海女の名人のおばあちゃんを尊敬していて、将来は日本一の海女になれるよう努力をしている。ボーイフレンドは募集中だ、といった設定だ。

   市の観光戦略室によると、15年春ごろから抗議のメールや文書が届くようになり、直接市役所を訪れて公認をやめるよう訴えられた。母親が海女だというある女性は、若い女性の体だけをアピールしているようなもので、子供に見せられないし、海女という職業や文化の誤解につながる、と主張した。「伊勢志摩サミット」を控えているのに各国首脳にこんなキャラがあるのを知られるのは恥ずかしい、といった抗議を繰り返し、15年6月末から母親と一緒に発起人となり公認から外すための署名活動を始めた。

   15年8月13日に公認の撤回を求めた170~200人分の反対署名が市長と市議会議長に提出される予定だそうだ。市には海女さんをモチーフにしたゆるキャラ「しまこさん」がいて、こちらは「万人に愛されるキャラ」で、「碧志摩メグ」は主に若い層にアピールするために採用している。

「若者がこれまで知らなかった海女文化について少しでも興味を持ってもらえるようになったら、というのが狙いです。アニメキャラというのは全ての人に受け入れられるというものではないのかもしれませんが、新しい視点でPRに役立てられればと考えました」

と担当者は話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中