2018年 10月 16日 (火)

日航ジャンボ機事故から30年 「御巣鷹の尾根」で慰霊登山

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   520人が犠牲になった日本航空(JAL)123便の事故から2015年8月12日で丸30年になった。早朝から遺族などが墜落現場の「御巣鷹の尾根」(群馬県上野村)を目指して登山を行い、慰霊碑「昇魂の碑」の前で犠牲者をしのんでいる。夕方には、ふもとの「慰霊の園」で合同慰霊式が行われ、墜落事故の18時56分に合わせて黙とうする。

   JAL123便(ボーイング747SR-100型機)は1985年8月12日、羽田空港から大阪空港に向かう途中で操縦不能になり、御巣鷹の尾根に墜落。乗員乗客524人のうち520人が死亡し、単独機としては史上最悪の航空事故となった。当時の航空事故調査委員会は、修理ミスで強度が不足していた機体後部「圧力隔壁」が壊れ、操縦不能になったと結論付けている。

ビジネスパーソン必修
保阪正康の考える「ありえた日本」とは? 特別講演を開催!

J-CASTニュースに「不可視の視点」を連載中の保阪正康さんを迎え、歴史にあえて「イフ(if)」を持ち込むことで、多様な角度から明治150年を読み解き、じっくり語る講演会です。 場所は東京・駒込にある東洋学の専門図書館「東洋文庫」にある「モリソン書庫」。圧倒的な書物に囲まれた空間で、アカデミックな夜のひとときを。

PR 2018/9/26

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...