2018年 8月 21日 (火)

しまむらで「ナチス鉤十字」風ネックレス 指摘受け販売見合わせ

印刷

   衣料品大手の「ファッションセンターしまむら」で、ナチスドイツのシンボル「ハーケンクロイツ(鉤十字)」を連想させるデザインの商品が販売されていたとして物議をかもしている。

   同社は消費者からの問い合わせを受け、2015年8月20日から販売を見合わせた。

  • 「ファッションセンターしまむら」で販売された商品が物議をかもした
    「ファッションセンターしまむら」で販売された商品が物議をかもした

買い物客が写真付きでツイート

   問題視されている商品は、しまむらが展開する衣料品チェーン「ファッションセンターしまむら」で販売された男性向けのネックレス付きタンクトップだ。ネックレスは鉄十字の中心に「卍」を反転させた「右卍」が描かれたデザインだ。

   この商品がしまむらで販売されていると8月19日、買い物客が写真付きでツイート。ネットでは、ナチスドイツのシンボルマークである「ハーケンクロイツ」を連想させるとして、

「ハーケンクロイツはマズいだろ」
「これ使うのありえない!」

とネット上で物議をかもした。

   しまむらの広報担当者によると、8月19日中に消費者から問い合わせがあり、翌20日から販売をいったん停止した。販売再開については現時点で未定だという。

   同商品はしまむらが企画、製造したものではなく、メーカーが製造したものをバイヤーが購入し、7月上旬から販売していた。問い合わせがあったのは8月19日が初めてだという。商品に対する認識や問い合わせの件数、製造元などは回答できない、とした。

過去にはポケモンでも物議

   ハーケンクロイツは、ナチスドイツで国旗として採用された過去がある。現在のドイツではナチスを宣伝する行為として、公共の場での展示などが取り締まりの対象になっている。

   日本では法律で規制はされていないが、問題視されたケースはある。1999年、人気ゲーム「ポケットモンスター」のカードで、キャラクターの背景に「卍」が入っていた。アメリカやカナダで問い合わせが相次ぎ、任天堂は製造を中止した。

   2010年には、ディスカウントストア「ドン・キホーテ」でヒトラーを連想させるコスプレグッズが販売され、ユダヤ系人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が抗議文書を送った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中