2020年 5月 30日 (土)

「陸自演習」見学が人気で倍率29倍 映画館でライブビューも

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   陸上自衛隊が毎年一般公開している最大の演習「富士総合火力演習」の閲覧チケットがプレミアム化している。2015年8月23日に行われる今年はチケット申し込みが約15万通あり、倍率が29倍になったことが分かった。

   倍率が急に高騰したのは13年から。これまでは抽選に漏れた人たちは動画配信サイト「USTREAM」で生中継を見るしかなかったが、今年から全国約20の映画館でライブビューも行われる。

  • 総火演人気がうなぎ上り(画像は陸上自衛隊のホームページ)
    総火演人気がうなぎ上り(画像は陸上自衛隊のホームページ)
  • 総火演人気がうなぎ上り(画像は陸上自衛隊のホームページ)

2013年から急増、人気アニメとの関係は?

   「富士総合火力演習」は、静岡県御殿場市にある東富士演習場で行われる陸上自衛隊最大の演習で、1961年から実施され66年から一般公開されている。これには自衛隊員約2300人が参加し、戦車や装甲車、火砲、航空機などを実際の戦闘を想定し稼働させる。「ミリオタ」と呼ばれる軍事マニアにとっては垂涎の的だ。チケットは無料でインターネットや往復はがきを使って応募し抽選でもらえるが、これがプラチナチケットになっているのだ。2013年は20倍、14年は24倍、そして15年の今年は約15万件の応募があり29倍という数字になった。実は、応募件数が急激に増えたのは13年からで、10年、11年、12年は応募数が5万5000件ほどだった。

   なぜこんなに人気になったのか、陸上自衛隊の広報に話を聞くと、

「11年の東日本大震災を境に自衛隊に対する理解と親しみが急速に高まったことが理由ではないでしょうか。また、SNSを使っての情報発信が認知度を高めたと思います」

と説明した。

   この「富士総合火力演習」の人気だが、実はネットで囁かれているのはアニメの影響だ。それは「ガールズ&パンツァー」というアニメで、女子高生が「戦車道」呼ばれる大和撫子の嗜みを極めようと戦車に乗って対戦する内容になっていて、これが記録的なヒットとなった。テレビ放送は12年10月から翌年13年3月までで、ちょうど抽選の倍率が急騰した年に重なっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中