2019年 12月 6日 (金)

「安倍おろしに さっそうと 国会囲む デモ隊の...」 「六甲おろし」の替え歌、阪神ファンがデモで披露 

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

阪神ファンから「勝手にタイガースを利用するな」の声

   北田さんの配ったビラは、写真の形でネットに拡散し、

「めっちゃおもろい」
「センスありすぎる」

といった賞賛を生んだ一方、

「(安保法案)賛成派は阪神ファンちゃうって言われてるみたいで嫌」
「デモしてんやったら働いて日本の経済に貢献しろ」

との批判も呼んだ。また、阪神ファンを名乗る人も「勝手にタイガースを利用するな」と怒りの声を上げている。

   その他、スポーツと政治を混ぜるな、著作権的にどうなのか、という批判も根強い。北田さんにこうした声をぶつけてみると、「批判は覚悟の上でやっている」と話しながら、

「オリンピックの件にしろ、為政者もスポーツを利用しているやないですか。権力のある者には何も言わず、弱い者をバッシングする、というのはアカンのちゃいますか」
「(ロゴや替え歌は)『パロディ』の範囲やと思っています」

と答えた。

   ロゴの使用を球団側はどう考えているのか。阪神タイガース(兵庫県西宮市)へ取材すると担当者は、一切使用許可を出していない、と明かし、「例えお話を頂いていたとしても許可は出せなかったと思いますが」と付け加えた。

   また、替え歌について「六甲おろし」を管理する日本コロムビア(東京都港区)に問い合わせたところ、同曲はすでにパブリックドメイン(編注:著作権が消滅した状態)であるとことわりつつ、「同社としてはコメントできない」と回答した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中