司法試験の問題漏えい 法務省が教授を刑事告発

印刷

   2015年の司法試験で考査委員を務めていた明治大法科大学院の青柳幸一教授(67)が出題内容の一部を受験生に漏らしたとして、法務省は9月8日、青柳教授を国家公務員法(守秘義務)違反の疑いで東京地検に告発したと発表した。地検特捜部は同容疑での捜査を開始した。

   考査委員は非常勤の国家公務委員で、司法試験の問題作成や採点などを担当する。複数報道によると、青柳教授は5月に行われた司法試験で、自らが作成に関わった問題の内容を試験前に教え子の20代女性に漏らした。情報漏えいがなければ作成が困難な答案内容だったため、採点を担当した他の考査委員が不審に思い、法務省に情報を寄せたという。

   青柳教授と女性は漏えいの事実を認めており、法務省は教授を考査委員から解任。女性については採点の対象から除外し、今後5年間は司法試験の受験を禁止する行政処分を出した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中