ラグビーW杯、日本代表が「大金星」 優勝候補の南アフリカに逆転勝ち

印刷

   ラグビーの第8回ワールドカップ(W杯)イングランド大会の日本代表は2015年9月19日、1次リーグB組初戦で南アフリカ代表と対戦し、34対32で逆転勝利をおさめた。

   W杯2度の優勝を誇る世界ランキング3位の南アフリカは、優勝候補の一角にあげられる強豪チーム。一方の日本はW杯16連敗中で、これまでの大会通算成績は1勝21敗2分けだった。まさに「金星」ともいえる日本の勝利に、英デーリー・テレグラフは「史上最大の番狂わせ」とその偉業を称賛した。

   日本のW杯での勝利は1991年の第2回大会以来24年ぶり。通算2度目の白星となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中