2022年 5月 27日 (金)

プーチン大統領のもとへ笑顔で駆け寄る 安倍首相の「小走り」は「微笑ましい」のか「みっともない」か

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   国連総会出席のため米ニューヨークを訪問していた安倍晋三首相(61)がロシアのプーチン大統領(62)の前でみせた「小走り」が話題になっている。

   首相は2015年9月28日(日本時間29日午前)、ニューヨークの国連本部でプ―チン大統領と約10か月ぶりとなる首脳会談を行い、北方領土問題や経済協力などについて約40分間話し合った。

  • プーチン大統領は遅刻の常習犯として知られるが、今回は安倍首相を待つ側だった
    プーチン大統領は遅刻の常習犯として知られるが、今回は安倍首相を待つ側だった
  • プーチン大統領は遅刻の常習犯として知られるが、今回は安倍首相を待つ側だった

中国ネットユーザー「犬と同じ」「かわいい」

   安倍首相はこの時、直前のスケジュールがずれ込んだために遅れて登場した。部屋に入ってくると左手をサッと挙げ、両腕を振りながら数メートル先のプーチン大統領のもとへ笑顔で駆け寄った。勢いをそのままに2人は握手。大統領は「グッドモーニング」と笑顔で応じた。

   異例の「小走り」がニュース番組等で伝えられると、インターネット上にはさまざまな声が上がった。

   「みっともない」「威厳ない」「しっぽ振ってる犬にしか見えない」などと不満を示す声がある一方、「微笑ましい」「好感度上がった」「プーチンのこぼれるような笑顔を引き出しただけで、この顔合わせは成功」といった好意的な意見もみられた。

   安倍首相の振る舞いは中国でも注目を集めた。いくつかの中国メディアが日本のニュース番組の映像を使ってこのシーンにスポットをあてて報じたのだ。

   中国のネットユーザーからは、「安倍は何歳?子供かよ」「『飼い主様、来ました!』っていう犬と同じ」「もしオバマ(米大統領)が遅刻したら同じように駆け寄ると思う?」などと皮肉る声も少なくなかったが、

「こういうふうに人の懐に入ることができる人は恐ろしい。バカにできない」
「やり手だな。礼儀正しく相手を尊重していることが一瞬で伝わるし、好感を与える」

などと評価する声もいくつも見られた。

   さらに中国ネットユーザーからは、「悔しいけどかわいい」「お茶目なところあるな」「ちくしょう、可愛いな!」「萌えてしまった」といった声まで上がった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中