安倍首相、「未来に挑戦する内閣」と命名 第3次改造内閣発足で会見

印刷

   第3次安倍改造内閣の発足を受け、安倍晋三首相は2015年10月7日夜、首相官邸で記者会見し、改造内閣を「未来に挑戦する内閣」だと命名した。

   閣僚19人のうち、菅義偉官房長官、麻生太郎副総理・財務相、岸田文雄外相ら主要閣僚9人が留任。安倍政権が新たな目玉として掲げた「一億総活躍社会」の実現に向けて新設された担当相には加藤勝信・官房副長官が就任した。初入閣組は加藤氏を含めて馳浩元文部科学相、丸川珠代環境相、島尻安伊子沖縄・北方担当相ら9人。

   安倍首相は

「少子化の歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持する。そして、高齢者も若者も女性も男性も、難病や障害のある方も、もう1歩前に踏み出すことができる社会をつくる」

と述べた。

  • 第3次内閣発足後に会見する安倍晋三首相
    第3次内閣発足後に会見する安倍晋三首相
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中