2018年 10月 18日 (木)

女性の胸はもまれると大きくなるって、ホント?

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女子高の更衣室。「どうやったら○○ちゃんみたいに胸が大きくなるの?」「ま、愛ね。それとカレの手かな~」「きゃ~!」。賑やかな笑いがはじけた......。

   あれから10年、私の胸はまだ小さい。恋もいくつか経験したのに。「好きな男性にもまれると胸は大きくなる」って、ウソだったの?

  • 「貧乳」ではなく「品乳」なのだ(イラスト:サカタルージ)
    「貧乳」ではなく「品乳」なのだ(イラスト:サカタルージ)

「変わらない」から逆に「小さくなる」という説も

   バストをめぐる多くの都市伝説の中で、もっとも本当らしく広まっているのが「好きな男性にもまれると大きくなる」という説。しかし、産婦人科・皮膚科・整形外科など専門家のサイトを見ても、「大きくなる」派が多いが、「変わらない」派も根強く、逆に「小さくなる」派もいて、諸説入り乱れている。理由は簡単だ。不確定要素が多くて、医学的に検証しにくいのである。実際、検証した研究もないようだ。

   まず、「好きな男性」が問題だ。どの程度好きなのか。あまり好きではない男性だとダメなのか。「愛」は計量不可能である。次に「もまれる」。どの程度の時間を、どんなやり方で、どの箇所をもまれると効果が出るのか。実験が難しい。

   結局、専門家たちも推測でものを言っている感じだ。

   まず、「大きくなる」派――。「好きな人にもまれて性的興奮を覚えると、脳からエストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されます。このホルモンは女らしさをつくり、乳腺を育てる働きがあるので胸の成長に効果的。また、もまれるとマッサージ効果もあります」

   続いて、「変わらない」派――。「乳房の90%が脂肪。脂肪なんかいくらもんでも大きくなりません。また、性的興奮時に出るホルモンは微量で、目に見える効果はありません。しかも一時的だからすぐ元に戻る。一日10時間以上もまれていればわかりませんが、痛くなっちゃうでしょ」

   最後に「小さくなる」派――。「脂肪はもむと燃焼するからバストは逆に小さくなる。しかも、エストロゲンは脂肪を燃焼させる効果もあるので、二重によくないじゃないですか」

貧乳さん、時代はバストの小さな人にキテいます

   う~む、医学的にはっきりした根拠は薄いようだ。実は女性が思うほど、男性は胸の大きさにこだわっていない。むしろ最近、ネット上では胸の小さい女性を賛美するサイトが活発だ。年をとっても形が崩れず、つつましやかな形に、「貧乳」ではなく「品乳」と呼び、「ヒンヌ~教徒」と愛好する人々も。あるがままのあなたでいいのだ。

宝くじ
ハロウィンジャンボ!わくわく新セット販売

欧米発祥のお祭りであるハロウィン(10月31日)は、日本でも仮装を楽しむ人が増え、社会現象にまでなっている。そんな中、1等・前後賞を合わせて5億円が当たる「ハロウィンジャンボ宝くじ」と1等・前後賞を合わせて5千万円が当たる「ハロウィンジャンボミニ」が、2018年10月1日から全国で一斉に発売される。

PR 2018/10/16

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...