2019年 1月 18日 (金)

金正恩第1書記、中国ナンバー5と会談 中朝関係は「血潮でもって結ばれた友好の伝統」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第1書記は2015年10月9日、中国共産党序列5位の劉雲山・政治局常務委員と会談した。10月10日、中国国営の新華社通信と北朝鮮国営の朝鮮中央通信が伝えた。

 

   金第1書記が2011年に最高指導者に就任してから政治局常務委員と会談するのは初めて。中朝関係の冷え込みが指摘される中、金第1書記は中朝関係について

「単なる隣との関係ではなく、血潮でもって結ばれた友好の伝統に根ざした戦略的関係になってきた」
「金日成主席同志と金正日総書記同志がわれわれに残した最大の対外事業業績と遺産」

などと述べ、友好ムードの演出に努めていた。

   10月10日には朝鮮労働党が創建70周年を迎え、平壌で軍事パレードが予定されている。

20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中