ラグビー日本代表、W杯アメリカ戦で勝利 初の1大会3勝

印刷

   ラグビーW杯の一次リーグ最終戦が2015年10月12日行われ、日本はアメリカに28-18で勝利した。3勝1敗、勝ち点12点で大会を終え、1大会で3勝を挙げるという歴史的な戦績となった。

   日本は10月5日に行われたサモア戦で26-5の勝利を収め、アメリカ戦で南アフリカ、スコットランド並ぶ3勝目となったが、ボーナスポイントの差で8強入りを逃した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中