2018年 9月 20日 (木)

ユネスコ拠出金の停止・削減も検討 菅官房長官が会見で明かす

印刷

   国連教育科学文化機関(ユネスコ)が世界記憶遺産に南京大虐殺の資料を登録したことについて、菅義偉官房長官は2015年10月12日、ユネスコへの拠出金を停止したり削減したりすることも検討していることを会見などで明らかにした。

   菅官房長官は会見で、犠牲者の人数については様々な議論があるとして、「一方的に中国の言い分だけで指定した」とユネスコ側を批判した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中