「日本忍者協議会」が発足 情報発信し世界的ブームを狙う

印刷

   忍者に関する情報発信を行い海外からの観光客を呼び込む目的の「日本忍者協議会」が忍者ゆかりの自治体などにより設立され2015年10月9日に都内で発表会が行われた。発表会では三重、滋賀、長野、神奈川、佐賀などの首長らが忍者をイメージした黒い衣装を着て出席した。

   2020年の東京五輪・パラリンピックを見据えたクールジャパンの一環に位置付けていて、観光振興や地域の経済活性化などを図る。協議会に参加しているのは10の地方自治体と一 つの民間団体。会長は三重県の鈴木英敬知事で、16年10月に行われる伊勢志摩サミットでも忍者を積極的にアピールし、世界的なブームにしたいと意気込んでいる。また、16年を「忍者元年」とし、2月22日を「忍者の日」と設定し関連イベントなども企画する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中