2018年 8月 20日 (月)

病気の妻に「夫婦の絆」示す男たち サッカー大久保嘉人は「丸刈り」で決意

印刷

   サッカー元日本代表で、J1・川崎フロンターレの大久保嘉人選手が、2015年10月11日に画像共有サイト「インスタグラム」へ投稿した写真が話題となっている。3人の子どもたちと一緒に写ったその頭は、丸刈りになっていた。「14年ぶり」という姿には、理由があるという。夫人が「胞状奇胎」という病気にかかり、抗がん剤による治療が必要となった。その副作用で髪の毛が抜けるかもしれないため、「これからの入院や治療への不安を少しでも和らげ(ら)れたらなぁと思い、子ども達と相談して坊主にしてみました」と明かした。

   この投稿に対して、「なかなか出来ないこと」「とても素敵な家族」「男らしくて、とっても良い」と絶賛のコメントが並んだ。

   2015年9月24日に胆管がんで亡くなった女優・川島なお美さんの夫で、パティシエの鎧塚俊彦さんにも、丸刈りにまつわる夫婦愛のエピソードがある。川島さんは2014年1月に手術を受けた際の様子を、本人が2014年3月27日付のブログで明かしているが、術後に目覚めた川島さんの枕元に来た鎧塚さんは「スキンヘッド」。思わず「目を疑いました」と書いている。「だって目覚めたら笑わせてって言ってたからさ」というのが鎧塚さんの弁で、これには川島さんも「愛を感じました」。

   また、ミュージシャンのダイヤモンド☆ユカイさんも、2015年10月12日の会見で、妻が緑内障を患い、失明の危険があるとして「迷惑がかかるから」と離婚を切り出されたことを告白した。しかし「俺がお前を守る」と強い愛情を示して説得し、夫婦の危機を乗り切ったという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中