2019年 9月 23日 (月)

ビンボー女優緑川静香「25歳まで肉食べなかった」 「そこまでウソつくな」の声相次ぐ

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   ビンボー女優として売り出し中の緑川静香さん(27)が、バラエティ番組で「25歳まで肉食べなかった」と紹介され、ウソが酷いとの声が上がっている。

   最近増えているのが、お笑い芸人やアイドルが貧乏ネタで話題作りをすることだ。

  • 番組に反響があったとツイート
    番組に反響があったとツイート

「カツカレー食べるの初めて」「トンカツ自体初めて」

   緑川静香さんも、2015年8月ごろのバラエティ番組でこのネタを披露してから、メディア露出が多くなってきている。

   10月10日夜は、フジテレビ系特番「セレブとビンボー」にビンボーレジェンドの1人として出演した。

   番組では、5歳のときに父親が蒸発してしまい、母と兄の3人で知人の物置内に暮らすリアル貧乏を体験したと紹介された。これまで明かした話によると、小学校2年から高校にかけてだったという。

   緑川さんは、スーパーなどの試食で生活していたと番組で告白し、「1回コオロギ食べた」とも漏らした。空腹に耐えられなかったといい、「本当に公園の葉っぱを食べて暮らしていた」とも話した。

   その後、激安外食グルメのコーナーで、「ビンボー目線」でベスト5店の食をレポートした。そして、4位に挙げた東京都内のサイコロステーキ店で、緑川さんは、母親から「肉はゴムの味がする」と教えられて、肉嫌いになったと明かした。番組では、これを受けて、「母の言葉を信じ、25歳まで肉を食べたことがなかった」と紹介したのだ。

   さらに、2位に挙げた都内の喫茶店では、緑川さんは、「カツカレー食べるの初めて」「トンカツ自体初めて」と驚きの告白をした。店のカツカレーを食べると、「もっとシナシナしてるもんだと思ってて」と漏らし、「トンカツうめぇ~」と声を上げていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中