しずちゃん、ボクシング引退へ 南キャン山里「おかえりなさいませ」

印刷

   お笑いコンビ・南海キャンディーズの「しずちゃん」こと、アマチュアボクシング女子ミドル級の山崎静代選手(36)が現役を引退したと、2015年10月15日に複数メディアが報じた。

   9月に日本ボクシング連盟の山根明会長に対し「体力的な限界」を理由に現役引退の意向を伝えたという。12月18日に予定している記者会見で正式に発表する。

   山崎さんは2011年に公式戦デビューを果たした。タレント業と掛け持ちしながら、ボクシング女子が初実施された2012年のロンドン五輪出場を目指したが、かなわなかった。2014年の世界選手権は1回戦で敗退。8月のアジア選手権は体調不良を理由に欠場していた。

   引退報道を受け、相方の山里亮太さんは15日夜にツイッターを更新。「お疲れ様でした。頑張って南海キャンディーズのネタを作ります。おかえりなさいませ」と山崎さんをねぎらいつつ、歓迎した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中