2018年 8月 16日 (木)

1000キロ踏破、朝食代補助、自転車通勤奨励 IDCフロンティアの社員健康増進策

印刷

   クラウドコンピューティングやデータセンター事業を手掛けるIDCフロンティア(東京・新宿)は2015年10月9日、社員の心身の健康増進を目的としたプログラムや中途採用制度など、同社が「健康経営」を目指すうえでの具体的な取り組みを発表した。

   プログラムのひとつは、同社本社と北九州にあるデータセンター間の距離にちなみ、社員が2015年10月1日~2016年2月末の間に、約1030キロを踏破するというもの。目標をクリアした社員には、旅行やテーマパークのチケットといった「賞品」が授与される。

   また、電車やバスで通勤する社員を対象に自転車通勤の実施を試験的に導入するほか、朝8時30分までの「繰り上げ出勤者」には会社で朝食をとるように勧め、毎日500円を会社が負担する。

   同社はすでに、中途採用のエンジニアやデザイナーに対しては、2015年5月1日より、入社日から1か月間の特別有給休暇を付与している。前職から同社に移るにあたって「心身の十分なリフレッシュと新たな業務へスムーズに移行できる準備期間」と位置付ける。試用期間満了後には100万円を支給する制度も設けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中