2018年 8月 20日 (月)

サンマの漁獲量が昨年の半分 小ぶりも目立つ

印刷

   サンマが記録的な不漁に見舞われていて、全国の今シーズンの漁獲量は昨年に比べ半減し、港での取引価格は前年の約1.5倍に高騰している。また例年に比べ小ぶりなサンマが多くなっている。

   漁業情報サービスセンターの速報値では2015年10月15日現在の漁獲量は5万 5050トンで前年同期比は48%減となり、最悪だった13年と比べても今シーズンは約30%減っている。原因については小ぶりなサンマが多いことから餌となるプランクトンが不足していている、。水温が例年より1度高い海域があるためサンマは冷たい海域を求めいつもの漁場を迂回している、などが考えられるという。また、韓国、中国、台湾などの船による乱獲も原因ではないかと指摘する専門家もいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中